Yuka on Safariとは

Yuka on Safariとは

南アフリカ公認日本人女性サファリガイド「太田ゆか」のオフィシャルサイトです。

もっと日本の皆様にサバンナを身近に感じて頂く為に、
サバンナでの生活、野生動物の解説、サファリガイドの仕事等をお届けいたします。

太田ゆか プロフィール

日本人女性初の南アフリカ政府公認サファリガイド。 

立教大学観光学部在学中に、南アフリカのサファリガイド訓練学校に入学。現地の資格を取得後、2016年からはグレータークルーガー国立公園にてガイドとして活動。現地でも取得が難しいとされるトレイルガイドの資格や、全9州のカルチャーガイドの資格も取得。

ガイドの傍ら、「罠にかかった野生動物の救助」「密猟からサイを守るためのプロジェクト」「人間と野生動物の軋轢を防ぐためのGPS活用」など野生動物の保護活動にも取り組み、現地の生態系保全を目指す。

サバンナの魅力と現状を広く伝えようと、現地の情報をPodcastやYouTube、SNSから発信。NHKやTBS「クレイジージャーニー」などメディアにも出演。

2022年に「サバンナで野生動物を守る」(講談社)、2023年に著書「私の職場はサバンナです!」(河出書房・2024年度課題図書に選出)を出版。2025年度版の中学校教科書にも取り上げられる。

Yuka on Safariのテーマ

テーマ:日本の皆様にサバンナの素晴らしさを届けたい

皆さんは毎日楽しんで生活していますか?
この世界の中で、日本の方は特に忙しい毎日を送っているとよく耳にします。

サバンナの大自然はとても雄大です。
今日も動物たちは野生の中で生きています。

そんな皆様にとっての「非日常」をより身近に感じて頂き、
忙しい日々の中にちょっとした「癒し・感動・驚き」を届けられたら嬉しいなと思っています。

 

サバンナの環境問題を知ってほしい

気候変動が原因だと示唆されている「干ばつ・洪水」
象の牙やサイの角を目当てにした商業的な「密猟」

日本の快適な暮らしだとなかなか実感することは難しいですが、
今、この瞬間も人々の「生活・欲」により、多くの動物たちが苦しんでいます。

いきなり生活を変えるのは難しいです。ただ少しでも問題を知って頂き、
1人1人が少しだけでも行動を改善して頂けたら、多くの動物の命が救われます。

私は人間が健康に暮らしていく為には、
今残されている自然を大切にしなくてはいけないと考えています。

より多くの人が周りの自然への尊敬を忘れずに生活できれば、
真の動物との共生社会に近付けるのではないでしょうか?

そんな思いをこのサイトを通じて皆様にお伝えできれば嬉しいなと思っています。

 

このサイトが、日本の皆様にとって、日々の生活の心のより所となれれば幸いです。

太田ゆか

いつの日か、サバンナでお会いできることを楽しみにしています。
Yuka on Safariをどうぞよろしくお願い致します。